カテゴリー
おつまみ がっつり飯 レシピ

鶏胸肉のソテー レモンバルサミコソース

  • Recipe 005
皮パリ、中ジューシーの鶏胸ソテーに、香草と大蒜の香りを移したレモンバルサミコソースを掛けて頂きます。

材料

鶏胸肉    1枚(約300g)
大蒜     1かけ
レモン    1/2個
ローズマリー 2本
オリーブ油  大さじ1
バルサミコ酢 大さじ4

鶏胸肉ソテーの作り方

鶏胸肉の両面に塩と胡椒を振り、汗をかくまで数分おきます。

フライパンにオリーブ油、スライスした大蒜と香草の半量(今回はローズマリー1本)を入れ弱火で油に香りを移してから、鶏胸肉の皮目を下に入れ、火力を中火に上げます。

肉の皮目が焼けたら肉を裏返し両面を焼いていきます。大蒜や香草は、焦げ過ぎないよう肉の上に避難させます。

バルサミコソースの作り方

肉を取出したフライパン(肉の旨味が出た油、大蒜、香草)にバルサミコ酢の全量を入れ攪拌します。

煮詰まって全体的にとろみが付いたらバルサミコソースの出来上がりです。

好みのサラダを付け合わせて盛り付けます。
レモンはお好みでどうぞ(全体に搾り掛けても、バルサミコソースに足し入れても良い感じです)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です